フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名宰相

 昨日は、太平洋戦争?大東亜戦争?の沖縄戦において、組織的抵抗が終わった日だ。

 麻生首相が沖縄でおこなわれた慰霊式に出席したそうだが、安倍首相が初めて慰霊式に出たのではなかっただろうか?それまでの首相は一体何をしていたのか?

 麻生首相が式の中で色々とスピーチをしていたが、その間違いの指摘を新聞に書いていた。もちろん予めつまらない間違いをしないように勉強するべきは、当たり前だけど、沖縄戦の司令官の1人太田少将を大正と間違えたとか、本論に関係ない指摘をしていた。

 そりゃ間違いは間違いだが、スピーチの趣旨はそこか?以下の電報をもって組織的抵抗を終了し自決した太田少将の、「沖縄県民斯ク戦エリ 県民ニ対シ後世特別ノゴ高配ヲ賜ランコトヲ」の思いを受けて、沖縄が戦争に嫌がおうにも巻き込まれて大きな犠牲を負わされた事を後生の者にしかるべき対応を願った事を受けて沖縄を優遇しようとする事が大切だろう?
 そういう意味では、しっかりと現地まで出かけていった麻生首相は立派だ。それが選挙対策だったとしてもだ。

 ひょっとしたら、米軍のそれまでの戦略から行くと、守り固めた島は飛ばして次を攻めるという方法をとられ、九州や四国に来ていたことも、何かの歴史的タイミングであったかもしれない。

 そうなったら沖縄でなく本土の人が沖縄の地上戦のような状態に置かれたかもしれない。

 別に望んで防波堤になったわけではないが、結果的にそうなって辛酸をなめさせられ、現在でもそうである沖縄に「ご高配」したのは誰かなぁ、と考えてると、特に沖縄をライフワークにして志し半ばで倒れたあの人が、自分の中では日本の名宰相だと思っている。

 一般的評判は良くないし、多くの人に印象はないけど、小渕恵三元首相です。

 沖縄サミットのホストになる前に急逝してしまい残念だったけど、若い頃から沖縄振興に尽力してきたそうで、その点だけでも素晴らしいと思う。

 惜しい人を早く亡くしたよな。ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kiev.blog16.fc2.com/tb.php/390-04898b95

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。