フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファホーン取付

ビートのホーンの調子が悪かった。
ホーンボタンを分解してテスター当てたり、配線の断線ないか見たり、バンパーを外さないと見られないホーン本体見たりしたけど原因わからず。

仕方ないから旧プリモのホンダカーズに行って見てもらったら、あっさり「ホーン本体がダメですね。別のを付けたら問題ないです。見積は出しときました。」だって。

単純な構造のホーン本体が壊れているとは夢にも思わなかったからビックリした。

で、見積見たら6千円以上!パーツ代より技術料が高い。

それなら定評の高いミツバが出しているアルファホーンが3千円位であるからと、自分で付けることにした。

でもこれが?の連続。ネットでググっても、バンパー外すところまでは解説しているけど、その次は「この通りホーン付きました」ってのばかり。

そのホーン付けるところが大切なんだって!電気の工作したことないからパーツも分からないし、配線も配線図で解説して分かるくらいなら、同じのがホーンの箱に書いてるから分かるっちゅうねん!

四苦八苦して何とか取り付けた。間違えて取り返しがつかないことになっても困るし、おっかなびっくり、ね。

ホーン取付を具体的に写真付きで配線を示してくれている人がいないから、今後写真付きで自分がアップします。理系人間、あんまり文系人間をバカにすんなよ、いや、バカにしろよ、か?簡単な配線もやったことないから中学生以下の知識なんやからな!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kiev.blog16.fc2.com/tb.php/376-af21509d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。